ゼロスタイルミントでタバコを楽しみながら、たばこの煙とさよならしていきましょう!

2011年02月12日

ゼロスタイルミント 使用感 評価 


 東京限定販売だったゼロスタイル・ミントですが、11月中旬から神奈川でも販売するそうです。
 で、それはどんなものでしょうか。
 
 入手しました。
 友人がくれたので、早速試してみましょう。
 
 
 どういうものかというと、嗅ぎたばこだと書かれています。
 
 カートリッジに入った粉末状のたばこを吸うのですが、
 口で吸いますから、嗅ぐというより味わうものですね。
 
 
 まあ、ミント味で、煙草というより禁煙パイプの感があります。
 
 電子たばこはニコチンを含まない(含むものもありますが)
 液体を霧状にし、あたかも煙を吸って吐いているようにするもので、
 それにより煙草を吸った感じになろうというものです。
 
 つまり、その逆なのがゼロスタイル・ミントという訳で。
 ゼロスタイルは煙がゼロということだけですが、
 吐いた息にも粉末煙草を含むかもしれませんから、
 周りの人でミントの香りしたなら粉末煙草を吸っていることになるでしょう。
 
 
 煙が出ないので吸った感じはしません。
 息を止め口だけで吸い込み、口腔喫煙の要領で使ってみました。
 
 もちろん、どこにも肺に入れるなという注意がされていませんが、
 「口腔がんの原因の一つとなり」と書いてあるだけで、
 

 肺がんはどうでもいいのかもしれません。
 これを吸う人は、まず間違いなく喫煙者ですから、
 肺がんなんて当たり前なのでしょう。
 
 
 このゼロスタイル・ミントはなんと増税で
 カートリッジが4本入り400円が600円に値上がりしました。
 
 つまり1本当たり、100円から150円にもなります。
 
 嗅ぎたばこは2gで紙巻たばこ1本換算ですから、
 50円増税ということは紙巻10本分程度、20gくらいないといけません。
 
 中身の見た目は多くても1gくらいのようです。
 
 増税だけなら数円程度ですから、
 企業努力で価格据え置きも可能だったでしょう。
 
 売れると踏んで、バカみたいに高くしたのかもしれません。


posted by ゼロスタイルミントナビ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼロスタイルミント 使用感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。